最新情報

賛同者メッセージ

賛同者メッセージ 柚木ミサトさん

2015.02.23 Monday

柚木ミサトさん



企業が国との相談で始めた原子力発電所の事故でまき散らされた放射性物質で、被ばくするのかしないのか、いつどこで良しとするのかしないのかの基準値は自分が決めるものだと思うのです。

誰にも何にも強制される事ではありません。選択する主導権は私たちにあるはずです。
近い将来自分の意志を持って歩み始める子どもたちのためにも、選択の自由を守り、選択肢がなければ自分たちでつくり出していく。
いかなる状況でも、こうしてみんなで協力して切り開いていく事を子どもたちに示したいですね。

プロジェクト・フードは、私たちがつくりあげていく大切な選択肢のひとつ。
こうやってチカラを合わせて、一緒に未来をつくっていこうね。

柚木 ミサト