最新情報

賛同者メッセージ

賛同者メッセージ おしどりマコさん

2015.02.06 Friday

おしどりマコさん



脱被ばくは本当に重要なことです。
私は、事故直後の初期被ばくもすごい追及しているけれど、おっそろしいです★
今は事故直後ほど食べ物の汚染は酷くないけれど、これ以上追加被ばくはしたくないという選択肢は必要!

そして、今、食べ物の放射性物質に気をつけることは、今後、原発事故があったときのための最大の対策になります。

チェルノブイリ原発事故のあと、市民放射能測定室はいっぱいできたそうなんだけど、福島第一原発事故のときに、現役で動き続けていたのは、たんぽぽ舎の鈴木さんだけでした。
2011年3月4月の鈴木さんの持つデータの凄いこと!!

また、体に入る食べ物のことを考えることは、とても重要です。
化学物質、農薬、食品添加物などなどと同時に、放射性物質もできるだけ入れたくない、と考えることは当たり前!
有機農家、という言葉が昔は無かったように、将来はノンベクレル農家という言葉ができちゃうと思います。
簡単に手に入る「安全」は無いし、口を開けて待ってたら、誰かが勝手に私たちを幸せにしてくれるはずはありません。
私たちができることは、自分の体に入る食べ物に丁寧に気を配り、信頼できる生産者さんを応援すること。

取材していて、食べ物も情報も同じだな、と思ったことがあります。
取材には時間もお金も手間もかかるのよ!
おしどりはひーひー言いながら駈けずり回っているけれど、大手メディア様は、あちこちにたくさん記者さまがたがいらして。
人件費も手間もかかっている情報が、TVつけると無料で流れていて、新聞は百円ちょっととは思えない情報量。薄利多売にもほどがあります!
このようなニュースを、私はファーストフードになぞらえて、「ファーストメディア」と名付けました。

私の計画は「オーガニックメディア」を増やして市場を作ること。
(有機栽培より自然農法に最近興味があるのだけれど、わかりやすいからね)
農業も情報も生産者さんの顔が見えて、どのような方法で作られているかわかって、情報公開がきちんとなされていること、が重要だと思います。
そしてそして!
私たちは選挙のときの1票だけでなく、普段の生活にもたくさん票を持っています。
何にお金を使うか、何に時間を使うか、どこに足を運ぶか。
社会を変える1票を毎日たくさん持っているのです!素敵!
法律なんかなくても、政治家さんに頼らなくても、私たちが生活の中で動けば、簡単に世の中は変わっちゃうのです!

というわけで、プロジェクトフードを応援するだけで、情報公開&ノンベクレル農家(←未来は流行るよ!)そして原発事故問題に関われるのです!
選挙以外に、あなたはたくさん票を持っていることを思い出して、あなたの理想の世の中になるよう、ガッツリ投票してください☆


おしどりマコ